劇団レトルト内閣 【演劇・大阪】

エレガンスロック演劇を掲げる大阪の若手実力派劇団

エレガンスロックを掲げ、大阪で活動中の劇団。

エレガンスロック・B級レビュー・豊かなセリフ表現

劇団レトルト内閣の舞台はエンターテインメントでありながら「振り切った暴走アート」とも評される。
無駄のないストーリー構成に、 エレガンスロックと呼ばれる劇中歌、 B級レビューと銘打つショーシーンが作品を彩る。豊かなセリフ表現や、多彩なキャラクター、唐突なナンセンスギャグ、めまぐるしいほどにスピーディーな展開も近年の作品の特徴。
華やかなのにダーク、B級なのに耽美という独自路線を開拓し続ける。

物語の舞台はファッション業界、芸能界、青少年更生施設、選挙戦、グリム童話、医療サスペンスなど多岐に渡るが、全作品に共通しているキーワードとしては「不完全なものへの愛情」「A級になりきれないものへの愛着」が挙げられる。

エレガントで耽美なルックスを目指しながらも、作品にはロックンロールがにじみ出る。
【全ての欠落物に捧ぐ、愛のアルコールである】
と脚本/演出/音楽担当の三名刺繍本人は言っている。

劇団レトルト内閣の歴史

教育分野での活動

2004年より大阪の公立中学校から演劇ワークショップの外部講師として招かれている。文化祭前に、中学校を訪ね簡単な演劇づくりの技術と心構えを指導している。
演劇指導だけでなく、ワークショップの終わりには必ず、劇場へ行ってプロの演劇を観劇してみることを強く薦め、大阪の子供たちが、演劇そのものへの興味関心を持ってもらえるように働きかけている。

劇団レトルト内閣

関西学院大学の演劇サークルを母体として2001年に結成した劇団。座長は川内信弥、演出・脚本・音楽は三名刺繍が担当。ABCホール・HEP HALLなど大阪の劇場を中心に演劇の舞台公演を行っている。